1年仕事するならブログ書く

web

functions.phpで失敗しないためのプラグインCode Snippetsが便利過ぎる

投稿日:

こんにちは。wordpressを愛してやまない初心者です。

今回『Code Snippets』という素晴らしいプラグインを発見したので報告までに。

 

functions.phpを追加できるCode Snippets

Code Snippetsとは

このCode Snippetsとは一体なんだ。という方の為に簡単に説明を。

Code Snippetsは一言でいうならば「functions.phpを追加できるプラグイン」です。

 

正直それ以上でもそれ以下でもないのですが、functions.phpをプラグインで操作できるということにより、

「真っ白になった」や「エラーになった」などの失敗からの復元が非常に楽になるのです。

 

functions.phpはwordpressの「外観」→「テーマの編集」→「functions.php」で追加の書き込みや操作ができます。

 

しかし!!このfunctions.phpは書き方を間違えてしまうと、サイト自体が真っ白になってしまい操作ができない。という世にも恐ろしい失敗を招く可能性があるのです。

 

サイト制作やwordpress上級者の方であればまず間違うこともなく、「保存」を押す前に「あれ、ここがおかしいな」などと気づくことも可能でしょう。

 

しかし私は初心者!!

 

すでにfunctions.phpを開いた時点で一体何が書かれているのかもサッパリ分からないですし、追加で書き込めと言われても一体どの部分を操作したらいいか全くわからないでのす。

 

現に、wordpressをいじりたてのこ一度サイトを真っ白にしています(笑)

 

functions.php操作は便利

「失敗する可能性があるなら無理して操作しなくても…」

 

ごもっとも!しかしfunctions.phpに追記できるとサイト制作に非常に便利なことが沢山あるのです。

”便利”とは”楽をできる”ということでもあります。

 

その便利な機能の一つに「最初のh2の上に自動的に広告を張ることが出来る」というものがあります。

 

皆さん記事を書かれるときに、必ず見出しを設定すると思います。そして文中の見出しのはじめは『h2』が基本。

そしてh2の直前広告というのは非常にクリックされやすい場所です。そのためやはり記事を書いたらここに1つは広告を張りたいところ。

 

もちろん記事編集の際に毎回h2の前に広告コードやショートコードを書けばいいのですが、記事が増えて来ていずれ問題が起きた時に、広告を外さなければいけない。もしくは付け替えなければいけない。となった時どうしますか?

 

記事一つ一つを回って、コード消して~とやりますか?(何度かやりましたが本当に面倒です)

 

しかしfunctions.phpにコードを追記する事で実はたった一回の操作で全てが同時に出来るのです。

 

Code Snippetsのダウンロード

※必ず前もってバックアップは取っておきましょう

ダウンロードは簡単。

worpress管理画面→「プラグイン」→「新規追加」→「Code Snippets」で検索できます。

もしくは直接ダウンロードしてFTPなどでインストールしてもいいと思います。(管理画面から入れた方が楽です)

 

codeとても便利なので評価も☆5ですね。素晴らしい

インストールして有効化すると管理画面に『Snippert』という項目が追加されます。

code2

「All Anippets」を選択するとそれまでに追加したfunctions.phpが表示されますが初期状態では白紙。

なので「Add New」で新しく追加しましょう。

 

新規追加画面はこのように表示されています。

code4

タイトルは先ほどの「All Anippets」に反映されます。

大切なのはコードを書きこむ場所。くれぐれも間違えないように。

 

何か自分なりにメモしたことがある場合はDescriptionに書き込み、Tagsは特に書かなくて良いです。

 

書いた後に「変更を保存」を押します。

 

Code Snippetsはここで終わりじゃない

多くのプラグインの場合、保存を押せばそのまま反映されますがCode Snippetsの場合は、作ったfunctions.phpの項目を有効化させなければこの段階では新しいfunctions.phpは機能していません。

 

そこで、先ほどの「All Anippets」に戻ると先ほど追加した項目があるので

code5

 

「Activate」というのを押して有効化させましょう。

これで追加したfunctions.phpが反映されます。

 

プラグインの場合、もしもの対処が簡単

僕の様に初心者の人の場合はfunctions.phpを操作するのは本当にプラグインをお勧めします。

一度白紙になってしまうと、サーバーの中にデータ自体はあるので復旧は可能ですが面倒ですし時間がかかります。

 

しかしCode Snippetsのようなプラグインで操作すれば、もしも不具合が出たときに、プラグインの停止、削除で対応が簡単ですし、管理画面に入れなくなったとしても、FTPなどで/該当URL/public_html/wp-content/plugins/からCode Snippetsを見つけて削除してあげれば新規追加したfunctions.phpはなかったことになるので不具合が解消されます。

 

自信がなくて怖い!ともった迷わずCode Snippetsがオススメです。

-web

Copyright© 毎月1000円を10万に変える方法 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.