時間の掛け捨ていつまで続けるの?

使ってみた

コスパ最強 Qtuo 2.4G ワイヤレスマウスが良すぎた件

投稿日:

皆さんマウスは何をお使いですか?

せっかく使うなら自分に合ったもの、目的に合ったものが良いですよね。

 

以前まではLOGICOOL ワイヤレストラックボール M570tを使っていたのですが、左クリックがお亡くなりになったのでマウスの買い替えをすることに。

 

「良いマウスないかな~」とAmazonを見ていたら「売り上げトップ」の様なタグでQtuo 2.4G ワイヤレスマウスが紹介されていました。

 

まぁ安いし良いか…と買ってみたら値段以上のマウスだこりゃ!

ということで今回紹介ページを作らせていただきました。

愛用マウス

少し触れましたが、LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570tをずっと使っていました。

 

使用期間は約3年ほど。

 

まぁ言ってしまうと決して安いマウスではないです。

今でこそセールで5000円以下でも買えますが元値は7000円以上する高級品。

 

少なくとも僕にはポンポン買える値段ではないですね。

 

なぜM570tを愛用していたかというと、理由は2つ。

 

①トラックボールに慣れたら離れられなくなった。

②サポートが満足過ぎる

 

この二つです。

 

①トラックボールに慣れたら離れられなくなった

これはトラックボール愛用者は皆さん感じるのではないでしょうか。

良いですよね。トラックボール。

 

マウスを動かす必要がないので、手元の位置に最低限のスペースがあればいい。

親指一つで画面中どこまでだって行ける!

 

こんな感覚が魅力過ぎました。

 

それに人間工学に基づいて作られているので疲れにくい。

 

②サポートが満足過ぎる

は、驚きの3年保証というところ。

 

2年強使っていたとしても不具合が起きたら新品と交換してくれるんです。

 

こんなマウス中々ないですよね。

 

以前に2個買って二回保証サービスにお世話になっています。

 

じゃ、またトラックボールマウス買えばいいじゃないか!

 

と思うのですが、M570tの故障をロジクールに申請して、届くまでに結構時間がかかるのです。

 

今までは一回目の時は約2週間ちょっと。二回目の時は3週間ほどして届きました。

 

「新品でもらえるなら文句言うな!」

 

まぁその通りなのですが、その間に代わりに使えるマウスがないと厳しい…だからと言ってそのために新品M570tを買うのも意味不明…

 

ということでもう少しフットワーク軽く使えるマウスはないかということでQtuo 2.4G ワイヤレスマウスに行きついたのです。

 

1000以下で買えるQtuo 2.4G ワイヤレスマウス

おそらくこの値段は時価だとおもうので変動するとは思いますが、僕がAmazonで買った時の値段は988円でした。

 

このマウス、元値はそこそこ高くて3888円します。2900円引きですね。安すぎ。

 

「まぁ1000円なら万が一故障した時も買い替えやすいか」

と安物買いのつもりで買ったらかなりの値段以上。

 

そんなQtuo 2.4G ワイヤレスマウスの良い所挙げていきます。

 

5ボタン+ホイール

皆さんはマウス選びでもっとも優先するのは何でしょうか?

 

僕の場合は『戻る 進む』ボタンです。

もしもこのボタンが付いていないのなら例えどんなに安くて良いマウスでも買いません。

 

このボタンがあるかないかで便利さが格段に違うからです。

 

そのためこのボタンは最優先。もちろん購入したQtuoのマウスには付いていました。

 

ただ、Amazonの公式説明分には「戻る 進むボタンは付いていますよ」と書かれていなかったんですね。

 

商品画像を見て、何となくそれっぽいのがついてるから大丈夫かな?と思いかったのですがちゃんと付いていました。

 

トラックボールマウスの場合、人差し指の位置にこのボタンがあるのですが、Qtuo 2.4G ワイヤレスマウスには側面に付いています。

 

親指位置にグリップ素材

個人的に「お!これいい!」と思った場所の一つです。

 

普通マウスは全体的に同じ素材(プラスチック)で作られていてツルツルした質感なのですが、このQtuo 2.4G ワイヤレスマウスは親指を置く位置がラバー素材になっているのです。

 

例えていうならテニスのラケットのグリップに使われるゴムのような素材です。

 

この部分。

使ったことがない人だと「何が違うんだ?」と思われるかもしれませんが、このグリップ感があるとマウスの動かしやすさが全然違います。

かなり良い。

 

ホイールのギザギザ

ページスクロールの際に使うホイール。

今までギザギザ質感は使ったことがなかったのですが良いですね。コレ

 

ゴム素材ではあるけど平面的な質感のホイールばかりで、なんとなく抵抗がありましたがギザギザ素材の方が良いかも。

回しやすです。

 

CPIボタン

CPIボタンはこのボタンのこと。

今までCPIボタンのあるマウスを使ったことがなかったので、なんだこりゃ?と思ったのですが、どうやら
マウスの移動距離調節ボタンのようです。

 

Qtuo 2.4Gワイヤレスの場合5段階調節が出来ます。

 

普通なら「プロパティ」や「コントロールパネル」から進んで調節しなければ調節できませんが手元のボタン一つで操作できるのは助かります。

 

他のパソコンで使うときに調節を直すのが簡単です。

 

持ち運びにも便利なサイズ

Qtuo 2.4G ワイヤレスマウスは縦サイズが10cmです。

小さくもなく、大きくもなく。というサイズですね。

 

持ち運び用マウスならもっと小さいサイズもありますが、それだと普段使いに不便。

かといって大きすぎると持ち運び自体が無理。

 

喫茶店でデカいマウス使っていたら何事かと思われます。

 

僕は男ですが、マウスを持った感じがちょうど写真ぐらい。

手でスッポリ収まるぐらいですね。

握りやすさもちょうどいいです。

 

節電モードはクリックで解除

このマウス、しばらく動かさないとオートで節電モードにはいります。

おそらく持ち運びを想定してのことだと思いますが、カバンの中で無駄に動いて電池がなくなるよりいいですね。

 

節電モードの解除もクリック一つで簡単です。

保証は?

気になる製品保証なのですが、送られてたものはマウス本体と説明書だけでした。

保証期間というのはないようですが、Amazonに不具合の報告の書き込みをしたところメーカー側から交換の連絡があったりと対応は良いようです。

Amazonで購入した場合、不具合はAmazon経由で報告するのが良さそうですね。

 

ただ、おそらくロジクールのような長期保証は書かれていません。(ロジクールが良い意味で異常)

 

 

まとめ

今回Qtuo 2.4G ワイヤレスマウスを買いましたが、正直完全に値段以上のものでした。

元々買った値段が安かったというのもありますが、自信をもっておススメできますね。

 

トラックボールの操作性には劣るかもしれませんが、CPIボタンでマウスの移動距離が調節できるので全く気になりません。

 

デザイン的にも高級感あるデザイン。この値段なら予備のためにもう一個買ってもいいかなと思えますね。

-使ってみた

Copyright© 一年仕事するよりブログ書く , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.